FC2ブログ

紅葉の永観堂へ

DSC07270.jpg
貞観5年(863)清和天皇より「禅林寺」の勅額を賜る。
宗祖は法然上人
「モミジの永観堂」として有名ですが今年は天候不順のせいでしょうか、
紅葉はいまひとつです。
DSC07201.jpg

DSC07207.jpg


DSC07246.jpg

DSC07254.jpg

200-DSC03335_edited-2.jpgp_amida2-2.jpg

ご本尊は重要文化財の阿弥陀如来「見返り阿弥陀」
顔を左(向かって右)に曲げた特異な姿の像である。
永保2年(1082年)、当時50歳の永観が日課の念仏を唱えつつ、阿弥陀如来の周囲を
行道していたところ、阿弥陀如来が須弥壇から下り、永観と一緒に行道を始めた。
驚いた永観が歩みを止めると、阿弥陀如来は振り返って一言、「永観遅し」と
言ったという。本寺の阿弥陀如来像はそれ以来首の向きが元に戻らず、そのままの
姿で安置されているのだといわれています。

スポンサーサイト



プロフィール

Shelly

Author:Shelly
穏やかな時の流れの中で
いつも癒されています
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR