FC2ブログ

南米への旅Ⅲ:ブエノスアイレスへ

DSCN3460コロン劇場
14時間の空の旅を終え、翌朝アルゼンチン:ブエノスアイレス着後バスで市内観光。
小雨の中、車窓から見えてきたのが【コロン劇場】
パリのオペラ座・ミラノのスカラ座と並び「世界三大劇場」の一つ。
音響効果抜群の劇場の中を是非見学したかったです。

【7月9日通り】
DSCN3513-7月9日通り
アルゼンチンの独立記念日である1816年7月9日にちなんでこう呼ばれる。
道路幅140m、片側7車線で、道の両端にはさらにもう二車線、道路がくっついている。
この道路を渡り切るには2・3分はかかる。

この後デモ(二枚の旗を掲げて行進中)に遭遇して五月広場の方には行けず予定していた
「メトロポリターナ大聖堂」はパス。ついていなくてがっかり。
DSCN3450_20120629214010.jpg

仕方なく「サント・ドミンゴ教会」へ。
1773年に建造され、イギリス軍がラ・プラタ副王領に進撃してきた1807年には戦場となった。
正面から見て左側の塔に残る弾痕は、クリオージョ軍がイギリス軍に対して放ったライフルの跡。
DSCN3521.jpg
DSCN3536.jpg

タンゴ発祥の地【ボカ地区】へ
「母を訪ねて三千里」のマルコがアルゼンチンに渡ったのがここだとか。
ボカとは入口・港との意味。
ボカ地区のカミニートにはカラフルな家が建ち並んでいます。
DSCN3574ボカ地区
DSCN3576.jpg
「マラドーナ」が二階から覗いているチョコレート屋さんが目に着きます。
偽マラドーナもうろうろしていましたが・・・。
DSCN3608.jpg

DSCN3592.jpg

DSCN3583.jpg

昼食後は【レコレータ墓地】へ。
ブエノスアイレスの高級住宅地にあるこの墓地には、アルゼンチン史上著名な権力者や
大富豪一族が眠っている。上品に立ち並ぶ石造りの、まるでチャペルのようなお墓や彫刻の数々は、
建築学また芸術的観点から見ても価値が高いといわれる。
DSCN3645.jpg

DSCN3650.jpg

DSCN3640.jpg

明日はいよいよ【イグアス】へ。
あ~した 天気になぁれ!!
スポンサーサイト



プロフィール

Shelly

Author:Shelly
穏やかな時の流れの中で
いつも癒されています
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR