FC2ブログ

そもそも世界遺産とは

世界遺産は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する
条約」に基づいて世界遺産リストに登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき
「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっています。
.慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶこと
があります。


アブシンベル

首都カイロから南におよそ880キロ、ナイル河岸の岩山をくりぬいて造られた「アブシンベル神殿」。
古代エジプトにおいて最も有名な第19王朝のファラオ(王)・ラムセス2世によって紀元前1300年ごろに
建設されたもの。。実はアブシンベル神殿はもともと今の場所にあったわけではなく、現在の位置から
110メートル東、64メートルも低い場所にあった。
1960年代にアスワン・ハイ・ダムの建設がはじまったことで、アブシンベル神殿をはじめとする
ヌビア遺跡群は水没の危機に直面しました。これに対して立ち上がったのが
ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)でした。ユネスコが遺跡の救済を各国に呼びかけ、
世界60か国の援助を得てヌビア遺跡群を安全な場所に移築する計画が始動しました。

アブシンベル

アブシンベル
その結果、アブジンベル神殿は1000個以上のブロックに切り分けられ、4年をかけて現在の場所に
移築されたのです。その痕跡はほとんど見えず、これほど大規模な建造物をまるまる移転させました。

この救済をきっかけに「人類共通の遺産を守ろう」という機運が高まり、1972年の
「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)」採択へとつながりました。


関西では
今年、ユネスコの世界遺産に新たに登録されたのが大阪府堺市に44基もある百舌鳥(もず)古墳群。
面積では世界一の墓である仁徳天皇陵をはじめ、古代遺産としては文句ない規模と造形が見られます。
ただし地上からの見学では巨大すぎて全容を把握しがたいのも事実。
百舌鳥・古市古墳群 -古代日本の墳墓群-は、大阪府堺市、羽曳野市、藤井寺市にある45件49基の
古墳群の総称。百舌鳥古墳群及び古市古墳群に含まれる。 2019年7月6日の第43回世界遺産委員会で
正式に世界文化遺産に登録されました。
百舌鳥古墳

     ***********
2008年、エジプトを旅して数々の紀元前の建造物を目の当たりにしました。
ピラミッドや神殿、王家の谷に残る王墓(現在発見されているのが64基)など。
どれも後世に残しておきたい世界遺産に値するものばかりで感動の連続でした。
        
スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Shelly

Author:Shelly
穏やかな時の流れの中で
いつも癒されています
  

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR